差がつく!アパレルのセールDMの例文や効果的な書き方を紹介

お客様へセールをお知らせするDMは、あらゆるショップが取り入れているマーケティングツールです。しかし、ベーシックかつ長く使われている方法であるぶん、差別化が難しく、ありふれた内容ではよく読んでもらえないこともあります。DMを集客につなげるには、いかに読んでもらうか、内容を伝えられるかが重要になってくるでしょう。

そこで本記事では、アパレルショップのセールDMを効果的に送るための方法や例文を紹介します。DMの効果をより高めたい時や内容をブラッシュアップしたい時に、ぜひ参考にして下さい。

アパレルショップにおけるセール案内のDMメリット

最近では紙のDMではなく、より手軽な方法としてメールやSMSなどを使ってセールの案内を送るショップも少なくありません。そういった中で、あえてアパレルショップのセール案内にDMを使うことには、どういったメリットがあるのかを解説します。

広告デザインの幅が広がる

DMの大きなメリットとして、デザインの自由度が高いことがあげられます。チラシには自由なレイアウトで写真や画像、文章などを掲載可能で、視覚的に訴えることができます。また、郵送料金の範囲内で複数のチラシやリーフレット、ノベルティなどを封入することも可能です。

さらに、誰が見ても同じように見える点も大きいでしょう。メールやSMSの場合は表示される端末によって見え方が異なり、場合によっては字が小さくて読みづらかったり、画像がうまく表示されなかったりもします。

自由なデザインが可能で、なおかつ目にした時の印象を統一化しやすいDMには、デジタルツールとは違うデザイン面での優位性があります。

手元に残る

DMは、受け取った側の手元に残る点も見逃せないポイントです。手に取れる実物が残るため、目に入る度にショップのことやセールがあることなどを思い出してもらえます。

好きなショップのロゴやキャラクターが入ったDMは、捨てずに取っておきたいと考える人も少なくありません。特に手書きのメッセージが同封されている場合は、捨てにくいと感じる傾向があり、長く保管してもらえるケースもあります。

メールやSMSでは、次々と届く新しいメッセージに埋もれがちになることも多く、わざわざ保存したり見返したりする人は少数派です。実在するDMには、アナログだからこその強みがあるといえるでしょう。

開封率が高い

DMは、デジタルで配信するお知らせよりも開封率が高い傾向があります。特に、一度利用したことのあるショップからのDM開封率は90%以上といわれ、見てもらうことへのハードルは低めだといえるでしょう。

一方でメールやSMSは、DMほど見てもらえません。メールマガジンを例にあげると、開封率は20%~30%程度にとどまります。メールを送っても開封されずに埋もれてしまったり、そもそも届かなかったりすることも、決して珍しくありません。その点、送るだけである程度の開封率が見込めるDMには、大きなアドバンテージがあるといえるでしょう。

いつまでにDMの用意をすればいい?セールDMを送るタイミング

セール告知のDMは、実際にセールが始まる1~2週間前に顧客のもとへ届くようにします。早く送り過ぎてしまうとセール期間を忘れられてしまう可能性があり、直前では来店の都合が付かなくなってしまうためです。あらかじめDMの到着日を決め、そこから逆算して準備を始めましょう。

大まかな目安としては、セールの3週間〜1ヶ月前から手配をしておくとスムーズです。もちろんDMの内容によっては準備に時間がかかることもあるため、到着がギリギリにならないよう、余裕を持って取り組むことが重要です。

お客様に気持ちを伝える!セールDMに書くべき内容

セールDMはセールに関する情報を伝えるものですが、単なる告知のみではもの足りない感じがする人も多いでしょう。セールDMに盛り込むべき内容を紹介します。

季節の挨拶文や利用に対するお礼文

DMの冒頭はあいさつから始めましょう。多くの店舗では、季節のあいさつを取り入れています。アパレルの場合、季節ごとに目玉商品やニーズが変わってくるため、文章に季節感を取り入れることで購買意欲を高める効果も期待できるでしょう。

また、冒頭で過去の来店や商品購入に対するお礼を述べるケースもあります。顧客への感謝を伝えることは、またこの店で買いたいという気持ちを呼び起こすため、セール時の来店促進につなげることも可能です。

セールへ招待する文章

あいさつやお礼の次は、本題であるセールの情報を記載します。顧客にとって有益な情報であることが分かるように、書き方を工夫しましょう。

例えば、一部のお得意さま向けセールであることや、年に1度しかないお得なセールであることなどを伝えれば、顧客の興味を引くことができます。来店時に特典などを渡したり、購入額に応じてプレゼントを用意したりする場合は、あわせて紹介しましょう。

また、DMにチラシやクーポンを同封する場合は、来店時に持参することを呼びかけるのも重要です。店舗側の伝えたいことだけを羅列するのではなく、セールの魅力が伝わるような表現を心がけるようにします。

特別感のあるパーソナルメッセージ

セールDMで成果を出すには、顧客個人に向けたパーソナルメッセージを入れるのも効果的です。過去に来店した際のエピソードや、購入した品物に関することが書かれているだけで、特別な手紙だと思ってもらうことができます。不特定多数の顧客ではなく、顔の見える個人に宛てた手紙だと認識してもらえるようなメッセージを盛り込みましょう。

とはいえ、顧客全員に一人ずつ異なるパーソナルメッセージを入れるのには手間と時間がかかります。外注やテンプレートで対応したい場合は、過去の購入アイテムごとに違う内容を用意しておくのもひとつの方法です。コートを買った人向け、ワンピースを買った人向けのように、いくつかパターンを準備しておきましょう。

問い合わせ先

最後にお客様の来店を心からお待ちしている旨を記載し、文章をしめくくります。あわせて、セールについての問い合わせ先や担当者名も忘れずに記載しましょう。また、店舗の情報を発信しているSNSのアカウントなどを改めて告知し、フォローをうながすのも良い方法です。

【季節別】セールDMの例文

シーズンによってラインナップが変わるアパレルでは、季節ごとにセールを開催することが少なくありません。季節のセールを知らせるDMには、シーズンを感じさせるあいさつを盛り込むことと送るタイミングが重要です。季節ごとに送るセールDMの例文を紹介します。

春のセールDM

春物のセールは一般的に、4月下旬頃からゴールデンウィーク明け頃までに開催されます。特に顧客の動きが活発になるゴールデンウィークには、多くの来客や購入が見込まれるため、顧客の予定が決まってしまう前にDMが届くように手配しましょう。

<春のセールDMの例文>
日に日に暖かくなる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。当店では◯月◯日より◯日までの◯日間、春のセールを実施いたします。最大◯%オフのお買い得なアイテムの他、これからの季節にぴったりな夏物の新作も取りそろえております。

先日お買い上げ頂いたスカートにぴったりのトップスも多数入荷いたしましたので、お近くまでお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。ご来店を心よりお待ちしております。

夏のセールDM

夏のセールは半期に一度の大規模なセールであり、値引率が高めなことから消費行動も活発になります。その一方で、ボーナスの使い道が決まっている人やお盆などで忙しくしている人には、DMを見てもらえない可能性があることを考慮しなければなりません。

多くの人にDMを見てもらうには、まずボーナスが出る前のタイミングで案内を送り、実際にセールが始まる1〜2週間前に再度DMを送るのが効果的です。

<夏のセールDMの例文>
梅雨が明け、夏本番となりました。夏のご予定はもうお決まりでしょうか?当店では◯月◯日から半期に一度のビッグセールを開催いたします。蒸し暑い日も快適に過ごせるアウターが最大◯%となりますので、ぜひお越し下さい。

さらにセール期間中は、お買い上げ頂いた先着◯名様にオリジナルノベルティをプレゼントいたします。ご愛顧頂いているシリーズの先行販売も予定しておりますので、お立ち寄り頂けましたら幸いです。お会いできることを楽しみにしております。

秋のセールDM

秋のセールが開催される時期は、10月下旬頃から11月頃です。秋は春に次ぐ転勤や転居のシーズンであり、環境の変化によって消費行動が高まる時期でもあります。秋のセールDMは、セール開始日の1〜2週間前に送付しましょう。

<秋のセールDMの例文>
さわやかな秋風が心地良い季節になりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。先日はジャケットをお買い上げ頂き、誠にありがとうございました。

今回は◯月◯日より開催いたしますオータムセールをお知らせしたく、ご連絡いたしました。セール中に使えるお得なクーポンを同封いたしましたので、ぜひご活用下さい。最大◯%オフのお買い得アイテムの他、これからの季節に使える新作も多数ご用意しております。ご来店を心よりお待ちしております。

冬のセールDM

冬はボーナスも入り、クリスマスやお正月などで財布の紐が緩みがちになる人も多く、消費が活発になる時期です。半期に一度のセールとして、大規模に広告を打つショップも少なくありません。ただし店舗側だけでなく顧客側も何かと忙しい時期であるため、到着がギリギリにならないよう、DMは前もって送付しましょう。

<冬のセールDMの例文>
吐く息が白くなるような寒い日が続きますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。当店では◯月◯日から◯日まで、毎年恒例となりましたウインターセールを実施いたします。先日ご購入頂いたスーツに合うコートも入荷しておりますので、お近くまでお越しの際はぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

日頃のご愛顧に感謝を込め、商品のご購入時にお使い頂けるクーポンを同封いたしました。スタッフ一同、お会いできることを楽しみにしております。

【購入時期別】セールDMの例文

DMを作成する際は、店舗と顧客との関係性によって内容を変えることも重要です。ここでは、顧客の購入時期や購入回数別の例文を紹介します。

新規顧客へのセールDM

新規の顧客には、セール情報にプラスして来店時のエピソードやコーディネートを提案する内容を盛り込みましょう。自分のことを覚えていてくれたと感じさせることが、再来店を促すきっかけとなります。

<新規顧客へ送るセールDMの例文>
12月に入り日に日に寒くなりますが、いかがお過ごしでしょうか。先日は当店でコートをお買い上げ頂き、誠にありがとうございました。通勤用とお伺いいたしましたが、着心地はいかがでしょうか?お手入れでお困りのことがございましたら、いつでもご相談下さいませ。

さて、当店では◯日から年末年始のセールを開催いたします。お買い得なアイテムを多数ご用意しておりますので、ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。お会いできることを楽しみにしております。

リピーター顧客へのセールDM

リピーターになっている顧客には、親密度が高い文面が好まれます。セールを告知するだけでなく、文中で個人の趣味や傾向などにも触れ、特別感のある内容にしましょう。

<リピーターへ送るセールDMの例文>
梅雨に入り、長雨が続きますがいかがお過ごしでしょうか。いつも◯◯をご利用頂き、誠にありがとうございます。この度当店では、本格的な夏を迎える前に◯月◯日からセールを開催することになりました。

今回のセールでは、先日ご来店頂いた際に◯◯様が気にかけていらしたトップスも◯%オフとなっております。その他にも旅行がお好きな◯◯様に活用して頂けるアイテムを多数揃えましたので、ぜひお越し下さいませ。ご来店を心よりお待ちしております。

休眠顧客へのセールDM

しばらく購入がない休眠顧客へのDMでは、利用頻度が高い顧客や購入時期が最近の顧客向けの定型文を使うと不自然さを感じさせてしまいます。あいさつでは近況を伺うにとどめ、購入期間があくことで生まれてしまう心理的なハードルを下げる文面を心がけましょう。

<休眠顧客へ送るセールDMの例文>
日に日に寒さが厳しくなる毎日ですが、お元気でいらっしゃいますか。この度当店では、◯月◯日よりセールを実施する運びとなりました。今すぐに使えるジャケットやマフラーなど、多数のアイテムがセール対象となっております。お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

セールのご案内と合わせて、商品ご購入時にお使い頂けるお得なクーポンを同封いたしました。ご来店を心よりお待ちしております。

【セールの種類別】セールDMの例文

DMの文章は、セールの種類によっても使い分けましょう。プレセールや記念日のセールなど、特別なセールで使える例文を紹介します。

新作入荷やプレセールのDM

新作入荷やプレセールの案内は、お得意様などの限られた顧客に限定して送ることが多いため、特別感を強調するとより効果的です。顧客とのエピソードを盛り込んだり、好みに合いそうなアイテムを案内したりして、個人に宛てた特別なお知らせであることを伝えましょう。

<新作入荷やプレセールのDMの例文>
残暑厳しい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。日頃から◯◯をご利用頂き、誠にありがとうございます。当店ではこの度、◯月◯日のオータムセールに先駆けまして、◯日よりプレセールを実施いたします。人気アイテムをいち早くお得にご購入頂ける機会ですので、ぜひご利用下さい。

◯◯様にご愛用頂いているシリーズのジャケットとパンツもセール対象になっております。お会いできることを楽しみにしております。

記念日セールのDM

開店10周年記念のような店舗の記念日のDMではまず、記念日を迎えられたことへの感謝を伝えることが大切です。その上で、顧客にとってもお得なイベントであることをアピールしましょう。

<記念日セールのDMの例文>
肌寒い日が増えてまいりましたが、お元気でいらっしゃいますでしょうか。当店は◯月◯日をもちまして、オープンから◯周年を迎えることができました。日頃のご愛顧に心から感謝申し上げます。

つきましては、◯月◯日より記念セールを開催いたします。お買い得なアイテムの他、感謝の気持ちを込めたノベルティをご用意しておりますので、お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。ご来店を心よりお待ちしております。

費用対効果抜群!反響の高いセールDMを書くポイント

DM送付にかかるコストは決して安いものではありません。費用対効果が高く、反響につながるセールDMを書くポイントを紹介します。

手書きの文章で特別感を与える

セールDMを送る目的は、顧客にセールがある事実を知らせ、実際に店舗へ足を運んでもらうことです。そのためには、手書きの文章で特別感を演出する方法が有効です。手書きにすることで不特定多数ではなく顧客個人に向けた手紙であることが伝わり、目に留まりやすくなるうえに反応率も高くなります。

パソコンで手書き風のフォントを使い、プリントする方法もありますが、人の目で見れば印刷だということは分かってしまいます。効果を出すには、ペンを使って1枚ずつ書くスタイルが丁寧さも伝わり理想的だといえるでしょう。

ブランドイメージや客層に合わせたデザインや文章にする

DMは宣伝の手段であると同時に、ショップやブランドのイメージにつながるツールでもあります。デザインや文章のテイストは、客層やショップイメージに合ったものにしましょう。

アパレルのDMに記載する文章の場合、若い世代向けのショップであればフランクな文章でも問題ありません。一方でハイブランドを扱うショップや年配者がターゲット層となるショップの場合は、丁寧な表現を心がける必要があります。DMを作成する際は、築き上げたイメージを損ねないように注意を払いましょう。

氏名の間違いに注意する

DMの開封率が下がる原因のひとつが、住所氏名の記載ミスです。特に封筒の氏名が間違っていると、それだけで読む気持ちを失うこともあります。ショップのDMの場合、顧客が手書きした住所氏名を活用して送付することもあるため、データベースへ入力する際の変換ミスや写し間違いなどが起こりやすいといえます。また、宛先を手書きする場合は、書き間違える可能性もあります。

住所氏名の間違いを防ぐには、ダブルチェックを行いましょう。顧客が記入したものとDMに使用するものに相違がないかどうか、2人以上で確認することをおすすめします。

外注を活用する

DMのコストを抑えるには、外注を活用することをおすすめします。セールDMをオーナーやスタッフが1通ずつ手づくりするショップもあるものの、人件費がかさんでしまうことが少なくありません。外注には作成費や作業費がかかりますが、人件費より安く抑えられることがほとんどです。

そもそも顧客の数によっては、手づくりでまかなうことが不可能なこともあります。外注の便利なサービスを活用し、効率的にDMを送りましょう。

ロボットレターなら大量の手書きセールDMの作成が可能!

特別感のあるセールDMを作成したい時に役立つのが、ペンによる手書きが可能なロボットレターです。迅速に手書きDMを作成できるロボットレターの魅力について紹介します。

手書きならではの良さが感じられる

ロボットレターとは、実際にペンを持ったロボットが書く手紙の代筆サービスのことです。プリンターで印刷したものとは違い、手書きならではのあたたかみのあるDMを作成できます。

手書きのDMは開封率が高いうえ、内容にもしっかりと目を通してもらえるため、反応率や反響率が高い点が魅力です。加えて印象にも残りやすく、他社との差別化が可能な点も大きいでしょう。

人間が手書きできる量に限界があり、疲れが溜まれば字が乱れたり、書き間違いが増えたりします。その点ロボットであれば、一定のクオリティーを保ったDMを量産可能です。

最短5営業日で発送可能

ロボットレターでは、文章と発送先のリストを用意するだけで、ロボットによる手書き、DM封入、発送までを5営業日で完了できます。さらにセールのチラシやクーポンなど、手書きDM以外のアイテムを封入することも可能です。

DM作成と発送を外注することで、セールの準備で忙しい時期に時間的な余裕が生まれ、ショップスタッフさんの負担を軽減できる点も魅力のひとつだと言えます。人間が手書きしていたものをロボットレターに切り替えれば、DMの準備にかかる時間を短縮でき、仕事のスケジュール管理なども楽になります。

宛名書きもOK

DMの反応率が下がる原因のひとつが、宛名の間違いです。特に氏名の間違いは失礼だと感じる人が多く(当然ですよね・・・!)ちょっとしたミスが大きな損失につながりかねません。また、住所を間違えばそもそも届かない可能性もあります。

住所氏名は人間が書くとミスが出やすい部分でもあり、なおかつ受け取り側からすれば誤字脱字が目立ちやすい部分でもあるため、特に注意が必要です。ロボットレターでは、ロボットによる宛名書きだけでなく宛名リスト作成支援のサービスも提供しています。届いたDMを開封してもらうためにも、宛名書きには細心の注意を払うことをおすすめします。

筆跡タイプや封筒が選べる

ロボットレターが書く文字は、複数の筆跡タイプの中から客層やショップイメージに合ったものを選択可能です。筆跡タイプにはやわらかな雰囲気の女性文字や、カッチリとしたイメージの男性文字などがあります。

さらに封筒も複数の種類の中から選択でき、季節や客層、DMの内容などに合わせた運用が可能です。きちんとした封筒で届くDMはそれだけで特別感があり、手に取って中身を見てみようという気持ちを呼び起こします。

文章に関するアドバイスも可能

ロボットレターでは、文章や営業戦略に関する相談も受け付けています。ロボットによる手書きDMの効果を高めるには、顧客にとって有益な情報を盛り込んだ上で気持ちが伝わる文章をつくることが重要です。とはいえ効果的な表現が分からなかったり、毎回同じような文章になってしまったりなど、文章に関する悩みがハードルとなることも珍しくありません。

そこで役立つのが、手書きDM累計送付数500万通超という実績で得た圧倒的なノウハウです。適切な言葉遣いで、なおかつ親しみを持って読んでもらえる文章をご提案し、集客という成果へとつなげます。

ロボットレターを活用してDMの反応率を上げよう

アパレルショップのセールDMは、顧客に読んでもらえる工夫をするのはもちろんのこと、集客や売り上げアップ、ひいては企業やショップのイメージ向上につなげることも重要です。

反響を得やすい方法のひとつが手書きのDMを使うことですが、人間が書くと人件費がかかるうえ、作業量にも限界があり、大量生産は難しいといわざるを得ません。その点ロボットレターであれば、一度に大量発注できることに加え、最短5営業日での発送が可能です。コストを抑えつつ効果の高いDMを導入したい時に、ぜひお気軽にご相談下さい。